団体概要

aboutimgこれまで「みんなの夢をかなえる会」では、一人ひとりの夢がかなうことにより、社会が今日よりも明日、明日よりも明後日、少しでも良くなることを目指して、たくさんの夢を応援しています。

この社会は、誰かだけが主役で、誰かだけの思いで動いているわけではありません。たくさんの方が様々な形で「社会を少しでも良くする夢」の主人公になることで、みんなの思いが集まり、大きな夢の力となって、たくさんの「夢」があふれ、「ありがとう」が飛び交う社会を創っていくことができると思います。

①夢を持つ、②運営する、③シンポジウムやアワードに参加する、
④夢を応援するために寄附をする。

ステキな夢の実現を通じた素晴らしい社会を創る活動へのみなさんの参加を心よりお待ちしています。

一緒にステキな夢をかなえませんか?

 


  

message_person

【新年のご挨拶】

2018年を迎えました。皆さまは、どのような新年をお迎えになられたでしょうか。皆さまにとって、良い1年となりますよう、祈念申し上げます。今年も、みんなの夢をかなえる会の活動にご理解、ご支援を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

今年も2月26日に舞浜のアンフィシアターで「みんなの夢AWARD」を開催いたします。第8回目の大会となりますが、今回もステキな夢が集まり、当日、どのようなプレゼンテーションが聴けるか、私もとても楽しみにしています。近年の重要なキーワードとして「地方創生」という言葉と「CSV(Create Share Value:共有価値の創出)」という言葉があります。この2つの言葉は、みんなの夢をかなえる会の活動にとっても、とても大切なキーワードとなっています。

昨年は、岩手県陸前高田市で「地方版夢AWARD」の取り組みを始めました。今年の3月17日にコンテストを開催いたしますが、昨年には複数回のセミナーを開催し、年末には3月のコンテストのファイナリストを選出しました。
今年は、「起業」、「事業継承」、そして行政と民間企業が連携して、地域や社会の課題を解決していく「公民連携」などをテーマに地方版夢AWARDを全国で開催し、夢の裾野を広げていきたいと思います。
また「CSV」も大切なキーワードです。これまでも「企業の社会貢献」、「企業の社会的責任(CSR)」という言葉がありますが、CSVとは、いかに社会の問題を民間企業が解決していくのか、というビジネスモデルであり、新たな競争戦略としても注目されています。つまり、民間企業の事業活動の中に収益を上げながら、社会の課題を解決していく仕組みを取り入れていくという発想です。この考え方も広げていき、今年をCSV元年と呼ばれる年にしたいと考えています。

今年も、皆さんと一緒にステキな夢を応援し、誰かの夢がみんなの夢になり、その夢がかなうことで社会を良くしていくという思いを広げていきたいと思っています。今年も、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 


当会の概要

■団体名:  公益財団法人みんなの夢をかなえる会
お問い合わせ先: info@minnanoyume.org
■TEL: 03-5737-2727
■理事:

渡邉 美樹(ワタミグループ創業者)

中川 直洋(みんなの夢をかなえる会 専務理事)

矢尾板 俊平(淑徳大学コミュニティ政策学部 准教授)

渡邊 智惠子(株式会社アバンティ 代表取締役社長)

長倉 牧子(株式会社FM BIRD 代表取締役社長)

鳥井 親一(三陽物産株式会社 代表取締役会長)

■監事: 片山 進平(WAT’m税理士法人)
■事業対象分野 夢を持ち、夢を実現するための支援事業

 


事業報告

■平成29年度

平成29年度事業報告書

平成29年活動計算書 

 

■平成28年度

平成28年度事業報告書

平成28年活動計算書 

 

■平成27年度

平成27年度事業報告書

平成27年活動計算書 

 

■平成26年度

平成26年度事業報告書

平成26年度活動計算書

 

 ■平成25年度(公益財団法人移行以降)

平成25年度事業報告書

平成25年度活動計算書

 

■平成24年度

平成24年度事業報告書

平成24年度活動計算書

 

■平成23年度

平成23年度事業報告書

平成23年度活動計算書

 

■平成22年度

平成22年度事業報告書

平成22年度活動計算書

このページの先頭へ

夢を持てば、自分と世界を変えていけます。渡邉美樹・公益財団法人みんなの夢をかなえる会主催【みんなの夢プロジェクト】