沿 革

2009年

・任意団体 みんなの夢をかなえる会を創設、多摩センターにて、シンポジウムを開催。


2010年

・NPO法人みんなの夢をかなえる会設立(理事長 渡邉美樹)
・みんなの夢シンポジウムを精力的に展開 新宿、浅草、足立、大手町、大田区、八王子、大阪にて開催。大盛況となる。
・Web未来の名刺の運営を開始
みんなの夢AWARD1を日比谷公会堂で開催


2011年

・3.11東日本大震災により活動を中止、友好団体の公益財団法人School AId Japanと連携し、陸前高田を中心の活動に専念
・陸前高田復興イベントを開催し、被災地最大規模のイベントとなる。
・みんなの夢シンポジウムは限定的に、虎の門2回、大手町、池袋、大阪で展開。


2012年

みんなの夢AWARD2を中野サンプラザで開催。予想以上に参加者が溢れ、立ち見、スタッフ控室で映像で見るという事態に。
・みんなの夢シンポジウムは、昭島、千葉、幕張、両国、日本橋、長崎、大阪、名古屋で開催。
・未来の名刺教室を渋谷の小学校で、初めて開催する。
・支援者向け説明会「みんなの夢フォーラム」を初めて開催。


2013年

みんなの夢AWARD3を初の日本武道館で開催、8000名を集める。協賛企業50社。
・みんなの夢AWARD学生事務局を組成。
・みんなの夢シンポジウムは、起業家カンファレンスにて開催。
・みんなの夢セミナーを初めて開催する。
・第2回みんなの夢フォーラムを日本財団にて開催。
・未来の名刺登録2000名を越える。法人サポーター100社となる。
・NPO法人から一般財団法人に運営を変更。
みんなの夢ラジオをスタート。


2014年

・みんなの夢AWARD3のファイナリスト2名が、日経ビジネス2014の主役に選ばれる。アワードの記事も掲載。
みんなの夢AWARD4を日本武道館で開催 国内最大のソーシャル・イベントとなる。協賛も過去最高58社、学生団体も134に及ぶ。
・内閣府より、公益財団法人として認可され、公益財団の活動として運営開始。
・みんなの夢AWARD3のファイナリスト温井さんが、カンボジアに出店、夢をかなえる。
・みんなの夢セミナー学生団体に精力的に開催。
・代表理事 渡邉美樹の社会活動団体と連携して初のソーシャル・フォーラムを国際フォーラムにて開催。
・みんなの夢シンポジウムを新宿、神奈川にて開催、今後数回展開する予定。


2015年

・みんなの夢AWARD5を日本武道館で開催 国内最大のソーシャル・イベントとなる。協賛も過去最高60社、学生団体も200に及ぶ。
・みんなの夢AWARD4の優勝者 吉藤氏に、協賛企業から融資で支援、事業化に加速させる。
・みんなの夢AWARD5学生AWARDを開催
・みんなの夢シンポジウムを各地で開催。
・みんなの夢セミナー学生団体に精力的に開催。

このページの先頭へ

夢を持てば、自分と世界を変えていけます。渡邉美樹・公益財団法人みんなの夢をかなえる会主催【みんなの夢プロジェクト】