最新情報一覧

EVENT 2016年9月28日

みんなの夢AWARD7開催!!

みんなの夢AWARD

日本一の夢の祭典、「みんなの夢AWARD」
第7回の開催は、2017年2月20日に決定!!
夢の聖地、舞浜アンフィシアターにて開催!

「みんなの夢AWARD」は、みんなをワクワクさせ、
みんなに夢を与えるすてきな夢に贈られるAWARDです。
全国各地から社会をワクワクさせる「夢」が集まります。

エントリーされた夢のなかから注目の夢を選んでレポートし、
みなさんからの応援投票を受け付けます。

さらに、イベントの最後には夢をかなえた先輩たちを審査員として招き、
みんなに夢を与えるすてきな夢に「みんなの夢AWARD」を贈ります!

自分自身をワクワクさせる夢があって、
夢をかなえるための計画があって、毎日少しずつでも前進している。
その夢がかなえば、世界はきっと、ちょっと良くなる。
だから、その夢をたくさんの人に話して、知ってもらいたい。
そんな人は、ぜひエントリーしてみてください。

あなたの夢が、だれかを元気にする。
あなたの夢が、社会を元気にする。
みんなの夢で、「夢っていいね」が広がっていく。

「みんなの夢AWARD」は、
みんなをワクワクさせるすてきな夢を紹介し、世界に夢を増やします。


みんなの夢AWARDストーリー

7回目の開催となる「みんなの夢AWARD」の始まりは、
‘世界を良くする夢を名乗ろう’というコンセプトのもとに始まった
webサイト「未来の名刺」。

さらに、夢を投稿して下さった方に思い切り夢を語っていただくステージとして、
「みんなの夢AWARD」は誕生しました。

「みんなの夢AWARD」では、
この夢が叶えば世界がきっと良くなると思えるような夢や、
聞く人たちをワクワクさせる夢が、
厳しい選考経て最終選考会へ最終選考会へ進みます。

 

■みんなの夢アワード2010
日比谷公会堂を会場に開催され、1400人以上の観衆が集まりました。
5名のファイナリストの中から、DVDにおさめた授業を
農村部の高校生に届けるという活動をバングラデシュで行っている
税所 篤快さんが日本一の夢に選ばれました。
_MG_4505
税所 篤快さん   
■みんなの夢アワード2012
2回目に開催された「みんなの夢アワード2012」は、
中野サンプラザで行われました。立ち見が出るほどの超満員の中、
選ばれたのは、きのこのSATO株式会社を経営し、
東日本大震災で被災した地元の雇用を生み出したいという思いで
活動されている佐藤博文さん。
受賞者への夢のサポート資金として、支援金2000万円が渡されました。
 
_MG_9452
佐藤博文さん
■みんなの夢AWARD3
開催を重ねるごとに、会場規模も来場者数も増え、
「みんなの夢AWARD3」は、日本武道館での開催となりました。
7名のファイナリストから選ばれたのは、
「日本をユニバーサル先進国にしたい」という夢を語った垣内俊哉さん。
8000人の観衆の心を打つ力強いプレゼンテーションでした。
 
_DSC0691
垣内俊哉さん
■みんなの夢AWARD4
過去最大の451名の夢が集まった「みんなの夢AWARD4」。
その中から見事日本一の夢に輝いたのは、
家や病院のベッドから動けなくても、
『会いたい人に会え、行きたい所へ行け、社会に参加できる』
未来を創るという夢に向かって走り出している、
ロボットコミュニケーターの吉藤 健太朗さん。
現在、支援を表明した企業と一緒に、夢の実現に向け動き出しています。
_DSC3313
吉藤 健太朗さん
みんなの夢AWARD5
全国各地から多くの夢が集まった「みんなの夢AWARD5」。
今年の日本一の夢に輝いたのは、
「カンボジアに映画配達人を100人生み出し、
様々な世界を見せてくれる映画を通じて子どもたちの夢の選択肢を
広げたい!」という夢を語った教来石小織さん。
引き続き夢の実現へむけて、みんなの夢AWARDでも
バックアップしていきます。
2015y_599
教来石小織 さん
みんなの夢AWARD6
会場を”武道の聖地”日本武道館から“夢の聖地”東京ディズニーリゾート
舞浜アンフィシアターに移して開催されたみんなの夢AWARD6。
観客数は全国から集った選りすぐりの意欲の高い学生らを含んだ
2,000名。ゲストMCにはガレッジセールを迎え、
会場を活かしたサーカスによる演出も行いました。
日本一の夢に輝いたのは、「子どもたちを孤独から救うシングルマザー
の応援団長」大津たまみさん。シングルマザーハウスを建設して、
ひとり親の小さな子どもたちがひとりで過ごす時間を少なくしたい、
そんな熱い思いを語りました。
2016_02_22_0813
大津たまみ さん

2017年も開催が決定した、「みんなの夢AWARD7」。
日本一の夢に選ばれるのは、あなたの夢かもしれません。 

 


みんなの夢AWARD主宰     
     渡邉美樹からのメッセージ

  watanabemiki主宰  渡邉美樹 夢を語る人を集め、夢を支援する人々を集め、
「これからの社会」のために
「これからの若者」を応援していきたいと考えています。
夢あふれる社会、ありがとうが飛びかう社会をめざして
活動しています。
素敵な未来は一人一人の素敵な夢の中にあります。
「みんなの夢AWARD7」夢の祭典。
1人でも多くの方の御参加をお待ちしております。

 


みんなの夢AWARD学生事務局紹介

みんなの夢AWARDでは、
学生による事務局を結成し、企画から運営まで幅広く活動しています。

gakusei_award2

私達学生事務局は、これからの社会を担っていく学生に活力があふれ、誰もが生き生きと未来に向かって前進する社会を切り開きます!!
夢があるからこそ、人はキラキラと輝き、どんなに辛いことがあっても前へ進み続けられるのです。人の夢を応援し、自分も成長したい、その構造を社会にどんどん広めていきたいと思っています。みんなの夢AWARDは、会場に集まった全員の夢を前進させる場所です。日本武道館で、ファイナリストの熱い想いのこもった本気の夢を全国の学生に聞いてもらい、夢の力に気付き、自分自身の夢を考え行動を起こして欲しいと考えています。そして私達は、学生間だけではなく企業と学生が力を合わせて夢を実現していく、そんな新しい社会を実現させます。

 


 

キービジュアルコンセプト

key スポーツ選手、ケーキ屋さん、パイロット…。
子どもの頃に描く夢って、仕事がほとんど。
こどもは頑張るおとなの姿を見て、夢を描くのです。そんな小学生の頃のような、
仕事に夢見る純粋なココロを表現しています。

また、モチーフが”夢”から飛び出すことで、
自らの夢の実現に向けて、
ひたむきに、積極的に前進していこうとする
姿勢と勢いを示しています

このページの先頭へ

夢を持てば、自分と世界を変えていけます。渡邉美樹・公益財団法人みんなの夢をかなえる会主催【みんなの夢プロジェクト】